会社概要

株式会社大黒屋

沿革

昭和22年  創業者、山口徳雄が豆菓子の加工及び卸売りを始める。

昭和24年  小売部を開設する。

昭和29年  法人に改組「有限会社大黒屋」とし藤枝市本町に営業所を開設する。

昭和38年  共同仕入グループ<GS共同体>つくる。

昭和39年  業容拡大の為、藤枝市立花に移転する

昭和46年  「株式会社 ユニー様」と取引が始まる。

昭和47年  年商10億を達成する。

昭和48年  後援メーカー会{大黒会}が組織され販促活動強化により売上急上昇する。

昭和55年  「株式会社 大黒屋」と改組する。

昭和57年  9月の台風による水害のため、商品6,000万円、車両数台等、破壊的な被害を受けたが、

       お取引先の積極的な応援により、利益を計上することが出来る。

昭和58年  業務合理化の為コンピューターを導入、以後逐次オンラインの取引の増大がみられる。

昭和59年  年商30億円を達成する。

昭和62年  <NS研究会>に入会し、商品の開発、売場提案、人材の教育等の充実を図る。

平成03年  山口敏雄社長に就任する。

平成04年  年商40億円達成する。

平成09年  NSIPを導入し、ローコスト経営への脱皮を図る。

平成10年  リテールサポート機能を高めるため、棚割りシステム「アポロ」導入する。

平成17年  愛知県一宮市にNSグループ共同による中部物流センター開設。

       本社倉庫が手狭になった為、藤枝市八幡に移転(現在地)にする。

平成18年  袋井市浅羽に物流センター開設

平成19年  中部物流センター撤退

平成22年  東日本大震災  新営業システムスタート

       物流をエヌエス物流に業務委託

平成26年  掛川市に物流センター開設

       しずおかお菓子研究会発足

平成29年  年商50億円を達成する。

Copyright © 2018 by 株式会社大黒屋 All Rights Reserved.

〒426-0009 静岡県藤枝市八幡字宗高521-9

TEL:054-641-5200     FAX:054-644-4446

  • Facebook Social Icon